中国滞在記(深セン/香港) by Candis

中国の深セン(深圳)、広州、香港、マカオなどについての情報を共有していくブログです。観光地や飲食店、最新ニュースまで幅広く扱います

日本から深圳(深セン)への行き方 全パターン紹介

f:id:sinsenmatome:20200109182628p:plain

深圳空港の位置 (青字で指しているのは香港空港)

 

日本から深圳への行き方はいくつかあるが、大きく下記の3つに分けられる。

    1. 日本から深圳へ直接移動
    2. 香港経由で移動
    3. 周辺地域(マカオや広州)から移動

これまで日本からの出張者等は、香港を経由して入ることが多かったが、

昨今の香港デモの影響もあり、深圳へ直接入国する形も増えてきている。

具体的な行き方

1.日本から深圳へ直接移動

深圳の空港は1つしかないので空路で移動する場合は国内・国際線共にここに入ることになる。

正式名称は深圳宝安国際空港。

http://www.szairport.com/szairport/index.shtml

空港から市街地まで車で30~40分で到着できるので比較的便利な位置にある。

もちろん鉄道も接続しているので、鉄道か車での移動が出来る。

現在、日本からは成田・関空・中部から直行便が運航しているが、

東京発着便は一日二便しかないため非常に選択肢が限られている状況だ。

f:id:sinsenmatome:20200109182601p:plain

f:id:sinsenmatome:20200109182618p:plain

今年の4月からANAが日系航空会社として初めて深圳直行便を就航することが決定。 しかも東京民にはうれしい羽田発→深圳便である。その他にも南方航空や深圳航空も直行便の増便を発表しており今年は更に便利になりそう。なお、デモの影響から香港便は減らすらしい・・・

 

2.香港経由で移動

これは深圳と陸続きでつながっている香港まで飛行機で向かい、

そこから陸路か船にて深圳に向かう形である。

香港便は世界のハブ空港でもあるため、ANAやJALなどの日系航空会社も運行している。

一日あたりの就航数が多く、移動時間の選択肢には困らないのがメリットだ。

香港空港から深圳への移動手段は、フェリー、電車、タクシー、乗合バスの4つ。

香港の入出国手続きも合わせると、深圳までは最短でも1~1.5時間かかる。

香港から深圳への移動は、選択肢は多いけど、慣れていないとどれも面倒くさい、香港ドルへの両替も必要。

 

3.周辺地域(マカオや広州)から移動

広州やマカオなどの周辺エリアから深圳へ移動することも可能である。

どちらも日本からの直行便があるので、この地域に用がある方であれば検討しても良い。

広州から深圳までは高鐵(日本でいうところの新幹線)かバス。

マカオから深圳まではフェリーかバスが通っている。どフェリーなら約1時間、バスなら2-3時間要する。

カジノが大好きなおじさんは香港からマカオに移動することが多いぞ!

それぞれのメリット・デメリット

1.日本から深圳へ直接移動

◎時間短縮。入国手続きが1回で済む。深圳空港からの市街地へのアクセスが良い

×航空券。日本からの直行便本数が少なく、航空券価格も比較的高い。(往復7~10万円)

2.香港経由で移動

◎航空券の選択肢が多い。JAL/ANAも選べる。LCCを選べば格安で行ける(往復2~10万円)

×手間。香港からイミグレを超えて移動する必要があるので、時間と手間がかかる。

政治不安。デモが激しくなった場合、陸路移動などでリスクあり。

3.周辺地域(マカオや広州)から移動

◎観光面。カジノや広州観光もあわせて楽しむことができる。

×上記エリアに用がなければ特にこの手段を選ぶ必要はない。

結論

今の時点では、香港経由でいくのがコスト・時間選択肢ともに優れている。

しかし今年から深圳直行便の本数が増えるので、移動時間を省略したい場合は検討する価値がありそう。

 

それではまた。