中国滞在記(深セン/香港) by Candis

中国の深セン(深圳)、広州、香港、マカオなどについての情報を共有していくブログです。観光地や飲食店、最新ニュースまで幅広く扱います

中国で大人気のミルクティー店・喜茶(HEYTEA/ヘイティー)PINK 体験レビュー

やあどうも。

突然だが、皆さんは下記のロゴを見たことがあるだろうか。

おそらく中国に来たことがある人だったら、10人中8人は見たことがあるだろうこのロゴこそが中国の大人気ティースタンドの喜茶(Heytea)である!!

f:id:sinsenmatome:20200122181300j:image

本記事では、まず最初に「このHeyteaとはなんぞや?」について説明したうえで、

実際に店舗に行って飲んだレビューをしていく。

 

 

喜茶(Heytea)とは

Heyteaは、今、中国で最大級に人気なミルクティー専門店である。

 

POINT

一番でなく最大級としているのは、中国には数多のミルクティーやタピオカ店があり、

それぞれが熾烈な競争を繰り広げているので、(超熾烈な戦いで、ごく一部のチェーンしか生き残れない)

素人である私が、簡単に一番!と言い切るのはおこがましくて出来ないのである。

 

おしゃれな店舗づくりが特徴であり、店舗は若い女子を中心にいつもにぎわっている。

ホームページもめちゃくちゃおしゃれなので是非見て欲しい。

※中国企業のホームページは雑なつくりであることが多い。

喜茶HEYTEA--唯一官网f:id:sinsenmatome:20200123120552p:plain

 

どれだけ人気なの?

Heyteaは中国の広東省を中心に店舗を展開。

2012年に創業したこの店は、既に390店舗を展開し、さらに直近の伸びはすさまじく2019年だけで220店舗も増えている!!

深圳のショッピングモールにはどこも必ず1店舗はある。マクドナルドレベル。

 

何が飲めるの?

Heyteaはミルクティー専門店であるが、なんといってもチーズが入っていることが最大の特徴になる。いわゆるところのチーズミルクティーだ。

下記の写真のようなお茶(ミルクティー)の上にチーズ満載のタイプが一番人気だ。

※チーズは中国語で芝士(zhī shì)と書く。中国語は声調が間違っていると意味が通じないので、

 バットマンやスーパーマンでおなじみの"DC"のイントネーションで発音することをオススメする。

f:id:sinsenmatome:20200123120605p:plain

 

新鮮な果物を丸ごと使用して作ったフルーツジュースもとても人気である。

このジュースにもチーズを追加することができる。意外と合うらしい。

f:id:sinsenmatome:20200123120610p:plain

 

実際に行ってみた

古くから言われるように「百聞は一見に如かず」なので、実際に行ってみた。


今回行ったのはHeytea Pinkという少し普通のHeyteaとは異なる店舗だ!

PINKという名前の通り、かわいらしさ、女子受けを意識したコンセプトだ。

中国でありがちな偽物か?と思ったが、そうではないらしい。
f:id:sinsenmatome:20200122181325j:image

 

POINT

Heyteaは通常のHeyteaや、Heytea Pink、このほかにもHeytea Go(持ち帰りメイン)など色々な業態の店舗を展開中。

中国国内の熾烈な競争に勝ち抜くべく、顧客の幅広いニーズに対応するという戦略がある。

 

 この盛況度合いを見てほしい。まるで土日のスシローのような混み具合である。f:id:sinsenmatome:20200122181340j:image

客層は若いカップル、女子同士のグループが多い。椅子とテーブルもPINK。

f:id:sinsenmatome:20200122181346j:image

いざ入店!

f:id:sinsenmatome:20200122181356j:image

謎のお風呂を発見。ピンクのボールがたくさん入っていて可愛い。(真顔)

f:id:sinsenmatome:20200122181458j:image

スタッフの数が多い。ものすごい賑わいである。f:id:sinsenmatome:20200122181403j:image

超売れてる!!! チーズの量がえぐい!!!もはやティーチーズである。

f:id:sinsenmatome:20200122181643j:image

メニュー

メニューを拝見。

大体20~30元くらい。(=300~500円)

若者向けとして考えると、決して安くはない価格帯といえる。

f:id:sinsenmatome:20200122181527j:image

 ジュース以外にパンも売ってる。(=150~350円)

結構おいしそうな感じである!

f:id:sinsenmatome:20200122181548j:image

f:id:sinsenmatome:20200122181554j:image

 

お茶屋さんなので、茶葉にもこだわりをみせる。各種用意されている。

f:id:sinsenmatome:20200122181621j:image

「良い茶、良い果物、良い砂糖、良いミルクを使ってまっせ!」

と品質の良さをアピール。これをじっくり見てるお客さんはあまりいなかった。

f:id:sinsenmatome:20200122181613j:image

 

 注文

今回は初めてだが、季節限定商品の豆豆波波茶を注文してみる。

豆とタピオカが入っているミルクティーのようだ。

※下記の画像はネット注文専用のアプリから
f:id:sinsenmatome:20200123190538j:image
決済はWeChatで行う。

f:id:sinsenmatome:20200122181711j:image

 

大盛況のため、飲み物の提供には少し時間がかかるらしい。

レシートのQRコードをスマホで読み取ると、現在の待ち時間がリアルタイムでみれる。

 f:id:sinsenmatome:20200122181722j:image

注文した時点での注文待ち数はなんと100杯!!

いつ呼ばれるものかと、時間をチェックし続けたものの、

結局、私のオーダーが完成したのは、注文してから40分後だった・・・

おそるべき人気である。

 

飲んでみた。

だいぶ待ったので口の中は完全にチーズミルクティー状態(人生初)

 

私のミルクティーちゃんはどこかな~~?f:id:sinsenmatome:20200122181650j:image

 

POINT

飲み物と引き替えるためにレシートを店員に渡すのだが、私と同じく引き換えを待つ客が

たくさんおり、それぞれが我先に!我先に!と店員へのレシート渡し合戦が勃発。

日本人で引っ込み思案の私はなかなかレシートが渡せず少しくじけてしまう事案が発生。

 

苦労の末、ついにGET。

 f:id:sinsenmatome:20200122181743j:image

普通サイズなのにめちゃくちゃでかい。

600mmサイズの天然ミネラル麦茶くらいある。(鶴瓶のやつ)

f:id:sinsenmatome:20200122181750j:image

席が空いておらず、仕方なくゴミ箱のうえで写真をとる。争いは避けるタイプ。f:id:sinsenmatome:20200122181809j:image

 

タピオカらしきものがたっぷり入っていて美味しそう!!

40分待った甲斐があったなあ~~。。

f:id:sinsenmatome:20200122181818j:image

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

鬼のように甘い!!!!!!!!!!!!!!

これはまじで甘い。とにかく甘くて目が覚めた。眠眠打破の感じ。
スニッカーズもMAXコーヒーも余裕で凌駕するレベルに甘い!!

f:id:sinsenmatome:20200124004131j:plainf:id:sinsenmatome:20200124004142j:plain

 

でも美味しい。味は美味しい。

お茶の風味も感じられるし、ミルクティーの味はめっちゃおいしいと思う。

 

 感想

甘ささえ、好みにあえばとてもオススメできる。

後日、現地の方に聞いてみたところ、砂糖の量は変更できるらしい。

「お勧めでお願いします」と店員さんにお願いしてしまったので、通常の砂糖量のものが出てきたようだ。
f:id:sinsenmatome:20200123190549j:image

おそらく日本人なら少少糖くらいがちょうどいいのではないかな・・と思う。

Heyteaには色々な種類の飲み物があったので、今度はフルーツタイプも飲んでみることにする。

皆さんも中国に来る機会があれば、ぜひ飲んでみることオススメする。

 

 

一路平安!

 

HEYTEA飲んでみたいなと少しでも感じて頂いた方は

下記をクリックして頂けると幸いです!

にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ
にほんブログ村

 

 

 参考記事

喜茶2020年门店数拟翻倍 2019年新增220家_垂直频道商业新闻中心餐饮频道_北京商报_财经头条新闻